プレママなら知っておきたい、おりものと破水の違いとは?

プレママは、おりものと破水の違いを知っておこう

プレママの方に多い勘違いとして、おりものと破水を同じと考えている方が多いです。
ですがこれらは違う点があるので、その違いを確認しておきましょう。

破水だと思ったのにおりものだったということもあり、違いを見分けるのは意外と難しいです。

おりものと破水はここが違う

おりものと破水の違いをここからご紹介していきます。
おりものと破水を見分ける際には、液体の色やにおいがポイントになります。

まずは破水についてですが、破水の際はにおいが強めです。

少し生臭いようなにおいがあるので、チェックしておきましょう。

また、液体が透明なことが多いです。
もしくは黄色や黄緑の時もあるので、色もチェックしておきましょう。

さらに、破水はプレママ自身が止めることはできません。
破水が始まったらすぐに分娩に移る必要があるので、急ぎましょう。

また、おりものの時にはにおいが酸っぱさが感じられるにおいの場合が多いです。
色は透明、もしくは白っぽいような色のことが多いです。

さらに、液体の様子もさらっとした粘度が低いものであることが多いです。

おりものは子宮にある子宮頸管という管から、粘液栓という液体が出ることが原因となっています。
破水と似たタイミングで出ることが多いので、確かに破水と間違えやすいものです。

どちらか分からなければ、まずは病院へ

おりものか破水、どちらか分からないと思ったら、まずは病院に行くことが大切です。
病院の医師は専門的な知識を持っているので、どちらかを正確に判断してくれます。

特に破水だった場合はすぐに分娩に移る必要があるので、タイミングが遅れると大変なことにもなってしまいます。
あまり無理にどちらだろうと判断せずに、すぐに病院に行くようにしましょう。

病院はかかりつけの産婦人科に行くと良いでしょう。
なるべく周りの方にすぐに声をかけるようにして、スムーズに対処しましょう。

破水のタイミングは突然やってくることも多いので、時期が近いと思った方はなるべく一人での外出を避けて、誰かすぐに頼ることができる方がいる環境で過ごすと良いでしょう。
これから生まれてくる赤ちゃんのためにも、前もってしっかり準備しておいてほしいと思います。

移動中はナプキンなどを当てることで汚れを防ぐことができます。
これもあらかじめ準備しておくと良いでしょう。

自分だけで対処しようとすると、ストレスを感じてしまい、お腹の赤ちゃんに影響が出てしまう可能性があります。
極力無理をしないことはとても大切なので、一人で頑張りすぎないようにしてくださいね。

このように、おりものと破水の違いを分かった上で対処方法も知っておくことはとても大切です。