バランスの良い食事を!妊活中の人にオススメのレシピ

妊活には食事が大切

妊娠している方は食事がとても大切です。
お腹の中に赤ちゃんがいるので、しっかり食事をしないとお腹の中の赤ちゃんに栄養が行き渡らなくなってしまいます。

また、バランスも大切です。
偏った食事では赤ちゃんに行き届く栄養もアンバランスなものになってしまい、今後の成長に影響が出てしまう可能性もあります。

そこで、ここでは妊活中の方におすすめのレシピをご紹介します。
食事に気をつけて妊活を乗り切って、元気な赤ちゃんを産んでほしいと思います。

おすすめレシピをご紹介します

おすすめレシピとしてご紹介するのは、牡蠣とコーンで仕上げたスープです。
牡蠣は栄養分が豊富に含まれており、コーンがさらにバランスの良い栄養に整えてくれます。

さらに、仕上げにミルクを使うとよりしっかりとしたバランスになるので、妊活中の方にはまさにベストなレシピです。
牡蠣はちょっと値段が張るかもしれませんが、妊活中の女性やお腹の赤ちゃんのためには、時々食べるのもおすすめです。

牡蠣にはビタミンA・B・Cなどが豊富に含まれており、さらに鉄分も豊富です。
こうした栄養素が詰まっている食材は他にあまりないので、栄養を補給するのに最適な食材です。

作り方は、牡蠣とコーン、ミルクを用意します。
これに加えて好みでちんげん菜もあると良いでしょう。

さらに、味を整えるために生姜も用意すると、より引き締まった味わいにすることができます。
味付けのためにお酒と塩、こしょうも準備しておきましょう。
ここまで揃えたら準備は完了です。

作り方は、まずは牡蠣を洗います。
優しく、かつしっかりと洗うようにしましょう。

水で洗えば大丈夫です。
ちんげん菜は適度な大きさに切っておきます。

なるべく食べやすいくらいの大きさで切っておくと良いでしょう。

こうして切ったちんげん菜を鍋に入れて、まずは茹でます。
ちんげん菜がしなっとしてきたら、次にミルクとコーンを入れます。
お酒や塩で味を整えるようにします。

さらに牡蠣を加えます。
牡蠣は火が通り過ぎてしまうと縮んでしまうので、なるべく早く煮ることが大切です。

他の食材がしっかり柔らかくなってから入れて、牡蠣を入れてからはさっと煮れば大丈夫です。
もちろん生だとお腹を壊してしまうので、火が通るまでは煮るようにしましょう。
加減を見ながら煮ることが大切です。

こうして出来上がりです。

温かいスープなので、体をより温めてくれる効果もあります。

栄養分もおいしさもバッチリで、大満足のスープができあがります。

スープで妊活を頑張ろう

妊活中は体力も必要になる時期です。
今回ご紹介したレシピを活用して栄養分をしっかり補給して、ぜひ妊活を頑張ってくださいね。

きっと元気な赤ちゃんが生まれてくるはずです。