快適生活

片付けの苦手な主婦の特徴

「片付けをやるべきだけど苦手意識がある」「まともに片付けできなくて夫に注意された」など、片付けをやろうと思っても、なかなか重い腰を上げられない主婦は多いと思います。

今回は、片付けができないと悩みを抱える主婦に、原因と解決策をお伝えします。

物を大事に考えすぎている

片付けできない主婦に「物が捨てられない」という傾向があります。必要ない物を「もったいない」と感じてしまい、捨てるのをためらってしまうのです。たとえば、スーパーやコンビニで買い物をしたときに貰ったレシートや子どものいる家庭では子どもの服があります。

物を大事にし過ぎているため、実用的でない物もついつい残してしまいます。また、物が捨てられないため、片付けも「物を捨てずに収納しよう」と考える人もいます。物を大事にする心がけはとても大切です。

しかし、何ごとも程々が肝心です。大事にし過ぎてしまうと、収納スペースもだんだんなくなり、狭い部屋と感じる部屋になるでしょう。

物が捨てられない場合は、捨てるよう意識を改める必要があります。写真を撮って捨てるという方法がおすすめです。データとして取っておけば部屋もかさばることはありませんし、後で見直すことも可能です。

やる気スイッチがなかなか押せない

片付けに苦手意識があると、実際に整理整頓やお掃除するまでに時間をかけてしまいがち。また、「今は洗濯物を干すから片付けは後にしよう」と後回しにする理由を考える人も多いかもしれません。後回しにする人は、部屋のなかにある物の量が多いという原因が考えられます。

そこで、必要な物以外はなるべく購入しないようにしてみましょう。外から物を取り入れる量を減らすのです。また、部屋のなかで物の量が少ない場所から片付けを始めるようにしましょう。

継続して片付けを行ない、部屋のなかの物を徐々に減らしていきます。知人や友人に譲るなどして、物を処分する方法もおすすめです。

処分できない物がある

処分の方法が難しいと考える人もいるでしょう。処分の方法がわからないと、そもそも片付け作業を困難にさせます。

この場合、改めて物を残すべきか分類します。半年から1年以上使っていない物は処分するといった具合に処分する条件をあらかじめ決めてから作業に取りかかります。ただ、作業をすすめていくうちに、ブランド品のような処分方法が難しいアイテムを発見するかもしれません。

そのまま処分しても構いませんが、買取業者に買取ってもらったほうが換金できるのでお得です。片付けの前に処分する物と残しておく物を区別させておくことで、片付け作業がスムーズになります。

4割以上の人が片付け上手に!

片付けの苦手な人は性格の問題と思うかもしれません。しかし、片付けできないという人が片付けできるようになった経験をもつ人は、およそ4割以上もいます。このことから、片付けは本人のやる気次第で、克服できることがうかがえます。

また、片付けをすることで自分に必要な物だけを残せます。片付けをこまめに行なうことで次回の片付けも楽になり、だんだんと不用品が多かったことに気付かされるでしょう。そこでふだんからこまめに片付けをしてみましょう。

ちょっとした片付けでも構いません。できるだけ、日を空けないようにし、定期的に片付ける意識が大切です。