夫婦喧嘩でNGなワードまとめ

夫婦喧嘩でこれを言うと、家庭が崩壊の可能性も

結婚生活が長くなると、時には喧嘩をしてしまうこともあると思います。

喧嘩では思わぬ暴言を吐いてしまうこともあるかもしれませんが、そのひとことが引き金となり、家庭が崩壊してしまう可能性もあります。
それはお互いにとって望むものではないはずです。

ここでは夫婦喧嘩で言うべきではないNGなワードをご紹介します。
喧嘩してもある程度の段階で留めて、これらのワードを言わないようにしてくださいね。

言うべきではないNGなワードをご紹介

言ってはいけないワードのひとつめは、「別れましょう」です。

喧嘩がエスカレートしてしまうとこうした気持ちも出てくるかもしれませんが、きっと話し合うことで解決できるはずです。

上手くいかないからといって安易に出してしまうととても危険が高いので、気を付けるようにしましょう。

喧嘩はお互いの意見を知り合うきっかけになるものでもあります。
雨降って地固まるという言葉もありますが、喧嘩を乗り越えた先にはより良い夫婦関係が待っている可能性もあるのです。

そうした更なる良い関係へのステップと考えるようにして、間違っても別れる方向に行かないようにしましょう。

次に、「もっと稼いでよ」という言葉です。

これも旦那さんにとっては会心の一撃となるような大きなダメージです。

仕事を日々頑張っている旦那さんに対して、これは少し失礼でもあるので、控えるようにしましょう。
もちろんあなたも子育てを頑張っていると思いますが、旦那さんも日々頑張っています。

二人とも頑張っているのです。
お互いがその頑張りを認め合って、お互いに気遣い合うことがとても大切です。
喧嘩して話し合うことで、お互いの気持ちを理解し合いましょう。

旦那さんのご両親の悪口を言うのもNGです。
これは旦那さんもとても怒る場合も多いです。

自分のことはまだ良いけど、両親の悪口を言うのは許しておけないという形で、喧嘩がさらに大炎上する可能性も高いです。
ご両親と話が合わない部分もあるかもしれませんが、ぐっとこらえるようにしましょう。

「そんなのだからあなたはだめなんだよ」というフレーズもNGです。

誰しもダメな所はあり、完璧な人はいません。

あなた自身の行動を振り返ってみても、ダメな所や旦那さんに助けてもらっていた部分があるのではないでしょうか。
旦那さんにもダメな所はあるかもしれませんが、人間なので仕方がないのです。

むしろ、ダメな所をお互いに補い合う方が、良い夫婦関係を築くことができるのです。

落ち着いて話し合おう

喧嘩すると段々とかっとなってしまうことも出てきてしまいますが、そうなる前の段階で踏みとどまることが大切です。
ひとまず落ち着いて、冷静に話し合うことをおすすめします。