子供

子どもが小学生になるまでの費用って?

小学生になるまでにもお金がかかる

結婚して子供ができると、今後は子供のための費用がかかるようになります。

子供がお金がかかってくるようになるのは小学生からではと思っている方もいるかもしれませんが、小さな頃から実はお金がかかります。

そのため今後子供ができる可能性がある方は、小学生になる前の段階の費用もあらかじめ分かっておくことが大切です。

ここでは小学生になる前の子供にかかる費用をご紹介します。
目安の数字なのでそれぞれの方の状況によっても変わってきますが、一つの参考にしてほしいと思います。

小学生になるまでにかかる費用をご紹介

小学生になるまでにかかる費用の一つめは学資保険です。

学資保険は子供の将来のために貯蓄をする保険です。

少しずつでも毎月貯蓄をしておくことで、今後本格的にお金がかかる際に役立てることができます。
学資保険は様々な保険会社で提供されているので、信頼できそうなサービスを選んで活用することをおすすめします。

学資保険の毎月の掛け金は自分で決めることができますが、多くの場合は5千円から1万円などの比較的負担の小さい額で設定する方が多いです。
小学生になるまでには6年間あるので、1万円ずつ貯蓄したとするとなんと72万円にもなります。

少しずつでもこつこつと貯めることで大きな金額にすることができるので、子供の今後のためにもぜひ行なうことをおすすめします。

次に保育園や幼稚園の費用です。

小学生の前の段階で多くの子供が行くものですが、ここでも費用がかかります。

私立と公立で異なりますが、ひと月で2万円から3万円ほどの金額がかかることが多いです。
子供が複数いる場合はかなりの負担になってきますが、必要な出費と考えておきましょう。

さらに、習いごとをさせたいという方も多いと思います。

小さな子供の頃はとても吸収も早いので、色んなことを習わせるのにとても良い時期です。

小さな頃から集中して取り組んでおくと、大きくなった時にかなり上達していてレベルが高くなっているはずです。

習いごとは様々なものがありますが、ひと月で5千円から1万円ほどのものが多いです。
スポーツが好きな子供にはスポーツを習わせるのも良いですし、最近は英会話なども人気です。

習いごとは必須ではありませんが、やはり子供の将来のことを考えると、やっぱり習わせておきたい所ですよね。
しっかりと費用を準備しておくことをおすすめします。

前もって計画を立てておこう

このように、小学生になる前にも子供には比較的費用がかかります。
まだ子供が生まれていない方は、先にこうしたことを見越して準備しておくことをおすすめします。

先に分かっておくことでその対処もしやすくなるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。