仕事と育児を両立させるタイムスケジュール

働くママのタイムスケジュール例

働くママは増えていますし、今やママが仕事をするのは当たり前の時代です。
しかし、子供の世話をしないといけないでしょうから、そのスケジュールは大変ものでしょう。
働くママの毎日のスケジュールはどのようになっているのでしょうか。
子供を保育園に預けて働くママのタイムスケジュールの代表的な例を見てみましょう。

時短やパートで働くママ、正社員のママはどちらも朝は早く6時に起床、朝食の支度、夕食の下ごしらえ、洗濯物干し等をすませます。
朝食後、大体8時に子供を保育園に送って出勤です。
両方のママはここまでは大体同じですが、違うのは退社時間でしょう。

時短、パートのママは16時に退社して子供をお迎えに行きます。
ここで子供を公園で遊ばせたり、一緒に買い物に行ったりと子供と過ごす時間があるのです。
子供にとって、ママがお迎えに来て帰宅するまでの時間ってわくわくして嬉しいひとときになります。
保育園でママを待って、やっと大好きなママに会えたのですから、ママと手をつないで帰る道でのちょっとした寄り道等も楽しいものでしょう。

それに比べ、正社員ママはそのようなゆとりはありません。
退社は18時でその後にお迎えですが、18時半には時短、パートのママと同じように夕食です。
その後も両方のママたちは同じでお風呂に入って子供を寝かしつけ、その後が自分の時間となります。

仕事と育児を両立させるコツは?

上記のように働くママたちは子供と時間にうまく関わりながら、仕事と育児を両立させています。
そのコツはまず、家事の効率化でしょう。
お掃除ロボットを使う、生協で食材を頼むなど、今は世の中が働くママが楽になるようなシステムができています。
次に朝型生活をするということで、朝のうちに夕食の下準備等を済ませておけば、夕方便利です。

そして、周囲の協力体制を強固なものにすることです。
パパに週末、子供を遊びに連れて行ってもらえれば、その間にまとまった家の掃除や洗濯をする、平日の料理をある程度作り置きする等の工夫ができます。
また、近くにパパやママの両親が住んでいるのであれば、送り迎えがどうしても出来ない時はお願いできるように頼んでおくと良いでしょう。

そして、地域のサポートも活用しましょう。
地域によりますが、ファミリーサポートというママに代わって保育園の送り迎えをしてくれたり、しばらくの間、家で子供を預かってくれたりできるシステムがあります。
有料になるのですが、地域のシステムなので安価です。

働き方を考えることも大事です。
例えば、子供にアレルギーがあって具合が悪くなるということが多いのであれば、フルタイムはやめて時短やパートにする、子供のいる人の多い職場にするなどして、休みやすい環境を考えましょう。
何と言いましても、パパとママの宝物である子供が第一です。
働くことも大切ですが、子供が犠牲にならないように考える事も仕事と育児を両立させるコツでしょう。